こんにちは〜!


最近の猛暑でダウン気味です…
夏の磯なんか、釣りじゃなかったら絶対行きません。笑


トップで青物狙い
長崎南部方面へ行ってきました〜!


しかし暑い…


まずはトップを投げる。

潮目をメインに狙ってサーチしていきますが、反応がない。

IMG_5472

IMG_5471

レンジを下げて、水面直下を引いてくると回収直前に食ってきました!

初めて釣りましたが、ツムブリっぽいです。

南方系の魚みたいですが、長崎までのぼってくるようです( ゚д゚)


やっぱりトップで釣りたくて、水面を通して見ると、何かがチェイス!!

チェイスしてるのを確認して、一瞬ポーズを入れると乗った!!

IMG_5475

30センチ半ば程のネリゴでした(´ー`)

サイズの割にやたら引きます!笑
そこからは連発が続いて、計7本程は釣ったんじゃないでしょうか。

ルアーは全て、邪道のドライヴィンワイアー。

IMG_5478

早めのドッグウォークが効果的でした!

その他にも、シンペンの水面直下のスローリトリーブも効くみたいです。


トップの釣りをすると、フック交換の大切さを実感しますね。

キャッチ率がかなり変わってきます!
今回はガマフックに交換してた事もあって、結構乗ってくれたと思います。


夏磯での魚の保管

 夏場の磯の魚の保管方法は何通りかあります。

・ストリンガーを付け、タイドプール等で、帰る時間まで活かしておく

・クーラーボックスを持参し、保冷しておく

基本的にはこの2点なのですが、どにらも機動性に欠けてます…

今回自分が試したのは、KAMIWAZAから発売している、フィッシュキャリーバッグDX。

保冷機能付きのケースが付いてるので、その中に氷を入れてみました。

IMG_5469

IMG_5468

この氷を入れ、気温30度程の条件で、約6時間後…

IMG_5481

こんなに氷が残ってました(´ー`)

これだけ保冷能力があれば夏磯にも問題なく持っていけるかと思います。

魚をバックに入れたまま、ランガン出来るので、機動性も抜群です。

恐らく、夏磯の場合、氷が全て溶ける前に、人間の体力が持ちません。笑

簡単にですが、インプレしてみました(´ー`)
参考になれば幸いです。

ブログランキングに参加しています^^
こちらからクリック↓↓よろしくお願いします!


にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ




タックルデータ
・fcllabo  uc11 
・キャタリナ3500H
・デュエルX8 1.5号 フロロカーボン30lb